PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
  • こどもに放射線が影響しないか心配しているお母さん方へ、6月8日(水曜日)に「集まり」があります。
    どこまでも限りなく (06/04)
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


mukasa
「人とみどりを守る」「市役所、おおそうじ」をキャッチコピーに活動している武笠紀子(むかさのりこ)です。
むかさ紀子的<ここがおかしい>をブログで綴ります。

  …人とみどりを守るためにこそ、税金を使って欲しい。
  …我が家の掃除は苦手。でも市役所のおおそうじは、わたしの使命なんだ
おそうじおばさん
満月に祈る!世界平和と核のない未来を。
1537783406984.jpg
今日は中秋名月。雨が心配だったが、日没と共に、まんまるの月が昇ってきた。満月に祈る。戦争のない・武力紛争のない世界。そして、核兵器はもちろん、原発(核発電)のない世界。人類の誕生前から変わっていない満月。どこかの社長が、月を回る旅行へ行くという話がニュースになっていたけれど、月の美しさは変わらない。
ついでに、満月に安倍退陣を祈ろう!どんな力が働いているのか?自民党総裁選で勝ったので、この先も安倍首相が続くらしい。トランプか?プーチンか?周か?金か?安倍か?!!どこの国も選びたくないので、あきらめないで、住み慣れたこの国でがんばるほかない。
『不屈』と言う沖縄のカメジロウさんの映画を見た。トンでもないアメリカ軍という巨大な力と対抗して、民衆の暮らしを守るために、あきらめなかった人の話。今もその意志を継ぐ、沖縄の人たちが、県知事選挙でがんばっている。玉城デニーさんがんばれ!月に祈る!満月に祈る!
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 19:05 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
東京電力は福島第一原発事故の賠償・補償と原発廃炉を目指せ!
1537521147144.jpg
東京電力は、東海第二原発の再稼働および運転期間延長を支援するために債務保証をすると表明をしています。
自社の福島第一原発過酷事故の賠償・補償も充分行わないばかりか、廃炉の費用がどれだけかかるか、その作業にどれだけの被曝作業を伴うのか分からないままに、新潟の柏崎・刈羽原発再稼働のために多額のお金をつぎ込んでいます。私たちの払う電気料金と国に納めた税金です。
本日、自民党総裁があのモリカケの『安倍』で決まりました。原発は安倍政権の方針だと言うことで、東京電力は原発を止められないのだと思います。すでに半分国営ですから。本来なら、東電を解体して、発電・配電・送電・事後処理(原発廃炉)部門に分けて、運営すべき事態です。『原発危ない!原発止めろ!』と声を大にして言い続ける他はないかも知れません。今日も、再稼働反対の金曜行動に行きます。

以下は、反原発自治体議員・市民連盟の質問に対する、東電からの回答ですが、1ワットの電気も発電していないのに、何と3兆円を超す費用が使われているのです。廃炉費用も大変ですが、せっかく核燃料も冷えてきているので、未来を考えるならば、廃炉への道に切り替える時だと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーー

反原発目治体議員・市民連盟
共同代表
佐藤英行様 野口英一郎様
福士敬子様 武笠紀子様

東京電力ホールディングス株式会社

当杜福島第一原子力発電所の事故により、立地地域の皆さま、さらには広く杜会の皆さまに大変なご迷惑とご心配をおかけいたしておりますことを、心より深くお詫ぴ申し上げます。
2018年7月4日付けでいただきましたご質問につきまして、以下の通りご回答申し上げます。

(質問)
東京電力は、福島第二原発の廃炉を決めましたが、福島第一原発事故から7年も経ての判断です。福島第二原発の廃炉の判断が遅れたために、多額の管理費用およぴ再稼働を考えての新規制基準対策の費用が使われてきたと推測されます。この間どのくらいの費用が使われてきたのか、概算で結構ですのでご回答をお願いします。

(回答)
福島第二原子力発電所に係る全体の費用については、個別には公表しておらず回答は差し控えさせていただきます。
なお、参考までに弊社の有価証券報告書の電気事業営業費用明細表に、原子力発電費として福島第二原子力発電所のほか、柏崎・刈羽、福島第一原子力発電所が含まれた形で以下の通り記載されております。
(参考有価証券報告書より〕
(単位億円)
2012年→4296億円
2013年→4699億円
2014年→5486億円
2015年→6063億円
2016年→6037億円
2017年→6334億円

以上
扱い東京電力ホールディングス株式会社
立地地域部原子力センター
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 18:16 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
矢切の耕地を未来につなげる会が発足します。命を守るために!
1536063667415.jpg
緑地を破壊するのはもう止めよう!農地を失うことは、命を失うこと!「便利さ」と引き換えに命や健康を失いたくない。
松戸の唯一の大きな耕地(農地の固まり)、矢切の耕地を失ってはならない。50年後、100年後、次の世代へ遺しておきたい!
転送します。
ーーーーーーーーーーーー
「矢切の耕地を未来につなげる会」発足します。

 今年に入ってから取り組みだした「矢切耕地に巨大物流センター建設」問題、
5月に「矢切の耕地を未来につなげる会」準備会を発足させ取組んできました。安
倍内閣が「市街化調整区域でも大型道路に隣接している地域では物流センターを
建設できる」との閣議決定(安倍政権の成長戦略の一環)までして強行している
問題です。
 
 明日(5日)の午後6時15分から、松戸市民劇場ホール(松戸駅西口徒歩5分)で
「矢切の耕地を未来につなげる会」発足のつどいが開催されます。
リーフレットとチラシを作成し、8月初めから賛同者を募る行動のために、駅頭等
での宣伝行動も始めました。現在、賛同者は200名ほどになっています。当面の目
標は1000名です。
 発足後、矢切耕地(約100ha)を都市農業として如何継続させることができる
のか、後継者問題や農地の保全など、介在する地域課題についてその方策を研究
し、営農希望者を積極的に支える。矢切の生産者と、それを支援する市民とのネ
ットワークづくりを通じて、都市農業の振興・持続に寄与する方策を検討する。
矢切の斜面林を含む緑地が、市民の都市生活を支える重要な調整機能を備えてい
ることから、今後の土地利用や観光振興についても緑地の保全を優先するプラン
を提案する。こうした取り組みを通じて松戸市が2年後に作成する「都市マスター
プラン」に反映していく。
 これらの課題は、私たちが散り組んできた市民運動のレベルでは対応できない
課題です。そのための、オール松戸的な「つなげる会」にしてしていく必要があ
ります。
 8月29日に行った記者会見によって、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、千葉日報
が紹介記事を掲載していただきました。TBSも取材に来ます。
 
 そこでみなさまにお願いです。明日になりましたが、本人はもとより、友人知
人、家族のみなさまに、明日の発足のつどいに是非参加していただけるよう、呼
びかけをお願いします。市民の力で新しい課題に挑戦していきましょう。よろし
くお願いします。
 
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 21:23 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
イスラエルの武器?は要らない!
1535607768951.jpg
    近頃、原発再稼働反対や、辺野古の基地建設止めろ、矢切の物流センター問題、TPPなんとかしろ、オリンピツク要らないや、ダムが被害を増やすことや、水道法の改正はおかしい、安倍政権の暴走止めろ!まだまだ、いっぱいあるが、戦争やらないはずの日本で、『イスラエルの軍事見本市』があって、抗議行動の情報が来る。
関心はあるのだが、体力・気力が追いつかないので、残念ながら参加できない。
ーーーーーーーーーーーー
【拡散希望と書いてあったので拡散?】

    8月29日、イスラエル軍事見本市に対する大抗議行動を取り組みました。
既に一部報道が出ています。簡単に初日の抗議行動をご報告します。

【行動の写真集】 ※ぜひご覧ください!
https://kosugihara.exblog.jp/238731946/

【動画】防衛見本市始まる 反対の声も(8月29日、NHK首都圏)
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180829/0017606.html

【動画】開催中止求める抗議も イスラエル企業主催 テロ対策見本市
(8月29日、テレビ神奈川:TVK)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00010005-tvkv-l14

川崎でイスラエルのセキュリティー機器見本市開幕 
「ガザでの虐殺で鍛えた技術」会場外では抗議活動も
(8月29日、産経)
https://www.sankei.com/world/amp/180829/wor1808290016-a.html

【抗議行動のフル動画】
20180829 UPLAN イスラエル軍事見本市をやめろ!大抗議行動
https://www.youtube.com/watch?v=SycLIC6vIJk
※後半には武器パンフ展示の発覚を受けての川崎市職員への抗議の様子も。

抗議先 全国から声を集中してください!!!
 
「武器パンフの展示が発覚した以上、30日の開催は中止させるべきです」
と福田川崎市長と指定管理者に大至急、声を届けてください。

〈福田紀彦川崎市長〉 
電話:044−200−3939(サンキューコールかわさき)
FAX:044−200−3900
メールフォーム: https://tinyurl.com/ycj99aks

〈川崎市とどろきアリーナ・指定管理者〉
(株)コナミスポーツクラブ(ご意見・ご要望)電話:0120-573-194
(株)川崎フロンターレ(ご意見) http://www.frontale.co.jp/contact_us/
(株)東急コミュニティー(お客様センター)電話:0120-011-109
(公財)川崎市スポーツ協会  電話:044-739-8844  FAX:044-739-8848
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 15:43 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
東海第二原発は、動かしてはいけない。難燃性ケーブルだけのことではない。
1533407275058.jpg
松戸から、100劼曚匹靴離れていない、茨城県の『東海第二原発』を再稼働させようという無謀な話が進んでいる。東海第二原発を所有する日本原子力発電株式会社は、電力大手9社が株主。所有する『東海原発』は廃炉が決定。福井の『敦賀原発』は直下に活断層が見つかって、再稼働は絶望的。残りの東海第二原発を再稼働させようというのです。
しかし、この東海第二原発は、東日本大震災と大津波で、あわやメルトダウンかという瀬戸際で辛うじて原発事故を免れたものの、あちこちに被害を受けた傷ものの原発で、この11月27日で40年を迎える老朽原発です。そして、その原子炉はメルトダウンで核燃料が溶け落ちると真下に水があり、水蒸気大爆発で、放射能大放出の危険性が大きいのです。
そして、東海村の『使用済み核燃料再処理施設』が大問題。わずか2.8劼靴離れていない海岸に立地していて、停止しているものの多量の高レベル放射能廃液が保管されていて、ここには防潮堤は造られないし、多重事故が起きれば、茨城県ばかりか首都圏全域を巻き込んだ放射能汚染大事故が起きるのです。
日本原電は、福島第一原発過酷事故以来、七年以上、発電も売電もしていないので収入はなく各電力会社からの負担金で存続しています。しかも、敦賀原発の再稼働を目指して対策費にお金を注ぎ込んで、東海第二原発再稼働のための費用(約1800億円)を全く持っておらず、銀行からの借金には、東電と東北電力の債務保証が求められています。
図々しくも、日本原電は、東海第二原発の再稼働と20年の運転延長を、原子力規制委員会に書類申請し、新規制基準に合わないことが分かっているケーブルの件については特例として、設置変更許可をだしました。新規制基準では、燃えやすい(非難燃性)ケーブルは全て燃えにくい(難燃性)ケーブルに変えることを義務付けているにも関わらず、物理的・金銭的負担を考慮すると半分は非難燃性のままに残し、上から防火シート巻き付けて間に合わせるというものです。
この8月3日まで、科学的&技術的な意見を集団するというパブコメがおなわれていました。パブコメは、単なる手続きの一環で、どれだけ集まっても、危険だという指摘があっても、全てそのままで通過すると思っていますが、黙っているわけにもいかず、以下、私が送ったパブコメです。問題点を一つに絞ってます。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
原子力規制委員会 原子力規制庁 規制部
パブコメ担当 様

日本原子力発電株式会社東海第二発電所の発電用原子炉設置変更許可申請書に関する審査書案に対する科学的・技術的意見の募集について

(審査書案100ページ)
原子力規制委員会が定めた、新規制基準では今後再稼働する原発は(燃えにくい)難燃性ケーブルであることと義務付けられました。しかし東海第2原発は交換できずに、(燃えやすい)非難燃性ケーブルが残ってしまうという審査に応募する資格すらない原発です。
原子力規制委員会は、自ら定めた新規制基準を守ることができない日本原電の東海第二原発の非難燃性ケーブルにたいして、防火シートを巻くという案で了承しています。この原子力規制委員会の判断は、極めて危険な判断だと多くの専門家が指摘しています。原子力規制委員会は、原発を安全に運転するためには、これが必要だと判断したから、難燃ケーブルの基準を定めたはずです。新規制基準を守らない原子力発電所に許可を出すことは、事故を起こす可能性を増大させます。田中前原子力規制委員長は、原子力規制委員会は、安全性を保証する機関ではないが、原発が新規制基準に適合しているかどうかを審査する機関だと言明しています。新規制基準を守ることのできない原発の運転を認めないでください。
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 03:32 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
止めよう東海第二原発!首都圏連絡会が活動を始めました。絶対止めたい!!
1531421898219.jpg
東海第二原発は、今年(2018年)の11月で、原子力発電に関する法律(原子炉等規制法)で定めた「40年の運転期間」を終えます。11月までに再稼働のための安全対策ができないことは明らかなので、このまま廃炉になるだろうと思われていました。ところが、原子力規制委員会が認可すれば例外として「20年を越えない範囲で延長は可能」との話が浮上し、日本原子力発電株式会社(日本原電)は、昨年11月に東海第二原発の運転延長を申請し、原子力規制委員会はこの7月4日に許可を出していまいました。「運転延長は例外中の例外」と強調されてきましたが、7月6日に閣議決定された「新エネルギー基本計画」において、2030年「原発で20%発電」を確保のためには、東海第二原発も稼動する必要があるのです。
この東海第二原発は、40年を経過する老朽施設であるばかりか、あの東日本大震災で被災している上、原子力規制新基準(安部首相が世界で一番厳しいと主張していますが、事実は避難計画の基準も定めない、アメリカと比べても、極めて緩い基準)で決められた難燃ケーブルへの切り替えが、構造上、半分も出来ず、可燃ケーブルの上から難燃素材でぐるぐる巻きにするという、これまた「例外中の例外」で認可してしまいました。
日本原電は、敦賀原発(福井)に多額の費用を注ぎ込んでしまい(廃炉費用まで)東海第二原発を再稼働させるための安全対策費用がありません。そこで銀行からの融資のために「債務保証」(連帯保証)を東京電力と東北電力がすることで、原子力規制委員会は東海第二原発の再稼働・運転延長を認可。
しかし、避難計画を定めなければならない30匏内に約96万人も住んでいて避難は無理。東海村の約35000人が避難するだけでバス3000台との計算がありますが、現実にはそんな数のバスも転士もいません。しかも、東京から100辧⊂掌佑魎泙狎虱娶東葛地域からは80〜90辧事故が起きれば首都圏の数千万人に放射能被害が及び、首都機能は麻痺します。
そこで、首都圏一都七県の団体・住民が集り、『とめよう東海第二原発!首都圏連絡会』を発足させ、署名活動等を始めました。
6月29日(金)日本原電の株主総会(非公開)に合わせて、本店前(現在は神田美土代町)で要請行動。しかし、申し入れ書も署名も受け取り拒否、前例のない驚きの対応でした。
一都七県での署名活動に合わせ、日本原電本店近くの各駅でも、チラシ配布と署名活動を行っています。ご協力をお願いいたします。止めよう東海第二原発!首都圏連絡会のホームページからも署名できます。東海第二についてのマスコミの報道がほとんどありません。皆さまの口コミでよろしくお願いいたします。
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 03:58 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
重力エネルギー?『重力再生エネルギー研究所』は地球を救うか?
1531415941842.jpg
我が家の庭に、重力再生エネルギー研究所の実験棟がたっています。
水力発電は重力エネルギーを使った発電です。そして、水で電気を蓄えて(蓄電)置くのが『揚水発電所』です。これは全国各地にあります。原発は簡単に、動かしたり止めたりできないので、夜間に余った原発電気でダムに水を汲み上げておいて、電気の需要が大きい昼間に水力(重力)で発電するというシステムです。重力エネルギーで蓄電するのです。
この重力エネルギーによる蓄電システムを水を使わずに、ダム(自然環境破壊です。)を造らずに、実現する方法を研究しているのです。
まだまだ、理論を構築するための実験段階ですが、地球上のどこにでもある重力エネルギーで蓄電が行えれば、世界で起きている石油をめぐる醜い争い(戦争等)は無くなるでしょう。不安定だといわれている風力や太陽光エネルギーでの発電を補うことができるという考えです。
ホームページがありますので、興味がある方はご覧ください。

重力再生エネルギー研究所
http://www.jsek.jp
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 03:53 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
福島を忘れない!福島原発事故を忘れてはいけないと思う。
1530237267526.jpg
原発再稼働にむけて、東京オリンビックにむけて、『福島第一原発事故』は終わったことにしようとする動きがあります、
原発事故から8年目の夏を迎えて、被曝自治体の状況は深刻化しています。避難指示の解除。帰還政策。避難者への住宅支援打ち切り。東電の生活補償打ち切り。東電による話し合いでの和解拒否。甲状腺ガンの増加、そして他のガンの多発。健康不安・生活不安など。
セシウム134が何回かの半減期を経て、全体の放射線は下がってきました。しかし、セシウム137およびストロンチウム他の放射能物質は残っています。土の中に残っているのです。外部被曝は減っても、土埃を吸うことによる内部被曝の危険性は消えていません。子どもや家族の健康を考えれば元の生活に戻れないのです。
今の現地の状況を聞き、現地の実情を視察して、原発事故のその後をしっかりと受け止めたいと思います。
ーーーーーーーーーー
【第6回福島を忘れない!全国シンポジウム&現地視察のご案内】

*シンポジウム
7月16日(日)13:30から16:30(開場13:00)
ホテル福島グリーンパレス(福島駅近く)
【講演】伴英幸さん(原子力資料情報室)「福島原発事故はなぜ起きたか」
【現地報告】
・菅野清一川俣町議会議員
・松本静男葛尾村議会議員
・伊藤延由飯館村農民
・中島孝福島原発訴訟原告団長
・米倉勉福島原発被害弁護団弁護士

*終了後、交流会あります。

7月17日(祝日・月)
7:40ホテル福島グリーンパレス前集合
【現地視察】(福島市→川俣町→浪江町→双葉町→大熊町→富岡町→いわき市(四倉)

*新宿からのバスにまだ、余裕はあります。先着順ですので、お早めに。
*新幹線等で福島へ直行されても構いません。(現地の見学バスも先着順です)
*申し込みについては、詳しくは、『反原発自治体議員・市民連盟』のホームページをご覧ください。
http://nonukesjapan.org/
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 10:54 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
ご案内:第6回福島を忘れない!全国シンポジウム&現地視察
1529340626912.jpg
及ばずなから、私が共同代表を担っている『反原発自治体議員・市民連盟』では、今年も、福島現地の自治体議員の皆さんと、「福島を忘れない!全国シンポジウム実行委員会」を作り、第6回となる『福島を忘れない!全国シンポジウム&現地視察』を企画している。8年目の『福島』を勉強したいと思うみなさん!まだ、バスにも余裕があります。ご参加お待ちしてます。

*シンポジウム
7月16日(日)13:30から16:30(開場13:00)
ホテル福島グリーンパレス(福島駅近く)
【講演】伴英幸さん(原子力資料情報室)「福島原発事故はなぜ起きたか」
【現地報告】
・菅野清一川俣町議会議員
・松本静男葛尾村議会議員
・伊藤延由飯館村農民
・中島孝福島原発訴訟原告団長
・米倉勉福島原発被害弁護団弁護士

*終了後、交流会あります。

7月17日(祝日・月)
7:40ホテル福島グリーンパレス前集合
【現地視察】(福島市→川俣町→浪江町→双葉町→大熊町→富岡町→いわき市(四倉)

*申し込みについては、詳しくは、『反原発自治体議員・市民連盟』のホームページをご覧ください。
http://nonukesjapan.org/
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 01:51 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
no title
1529340219533.jpg
『原発再稼働反対!』金曜夜の官邸前・国会前抗議行動が、6月15日に300回を迎えた。私は、12回目からの参加なので、まだ300回には届かないが、雨でも風でも、暑くても寒くても、春夏秋冬重ねて6年以上になる。原発再稼働反対!抗議行動への参加者は、徐々に減ってきているが、それでも諦めない人たちが毎週集まって来る。反原連(反原発首都圏連合)主催の官邸前と国会前抗議行動と、そこから独立した『希望のエリア』、私のいるのは、財務省上交差点の総務省側。たんぽぽ舎と反原発自治体議員・市民連盟の共同行動。少し寂しい気もするが、近頃はお巡りさんも現れない。総務省の警備員がフェンスを使ってないか見に来るだけ。総務省角に階段があるのだが、総務省は改修工事をしてフェンスで囲って入れなくしてしまった。
『原発再稼働反対!』だけでなく、政府に抗議するいろいろなグループが朝に昼に夜に、官邸前・国会前、財務省前、経産省文科省前、etc.に集まっている。TPP反対!辺野古を守れ!沖縄を守れ!武器を買うな!武器を売るな!モリカケ許さない!麻生はやめろ!安倍政治を許さない!などいろいろである。
福島第一原発事故前に、あの軍隊を持たないので有名な「コスタリカ」の話を聞いた。コスタリカでは、国民が国会前に集まって、直接に、それぞれの要求を訴える行動が行われているとの話だった。その時は、「へー本当!国が小さいからできるのかな?」と思ったけれど、福島第一原発事故から以降、日本でも同じになった。今では、当たり前のように官邸前・国会前に人々が集まる。集まるのは、動員された特別なグループの人たち例えば労働組合員とかでなくて、それぞれの意志で一般の市民が集まって来る。チラシやネットやSNSで呼び掛けられたいろいろな抗議行動に、自分の考えで集まるのだ。若い人が少いのは残念だが、そのうち大勢になってほしい!韓国やドイツ・フランスのように数十万の人が集まることができれば、政治が変わるのではないか?
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 01:45 | - | comments(0) | trackbacks(0) |