PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
  • こどもに放射線が影響しないか心配しているお母さん方へ、6月8日(水曜日)に「集まり」があります。
    どこまでも限りなく (06/04)
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


mukasa
「人とみどりを守る」「市役所、おおそうじ」をキャッチコピーに活動している武笠紀子(むかさのりこ)です。
むかさ紀子的<ここがおかしい>をブログで綴ります。

  …人とみどりを守るためにこそ、税金を使って欲しい。
  …我が家の掃除は苦手。でも市役所のおおそうじは、わたしの使命なんだ
おそうじおばさん
<< 特殊詐欺?怪しいメールFw:ご利用確認:登録番号7329 | TOP | 詐欺を仕事にしている人が本当に多いのだと思う。Fw:A.U.宛 となりますので内容の確認をお願いします >>
2割の得票で7割の議席確保は、選挙制度が間違っている。少数どころか多数の意見も反映されない。
1529690653745.jpg
日本は民主主義の国で、日本の国会議員は民主的な選挙で公正・公平に選ばれていることになっている。しかし、国民の意見が反映された政策が進んでいるかというと疑わしい。
例えば、福島第一原発事故以来、どこの世論調査でも、7割以上の人が原発に反対しているにもかかわらず、安倍政権は、九州・四国・関西と西日本の原発を少しずつ再稼働させている。原発周辺自治体からは再稼働に反対の声が増え、周辺自治体住民の多くも原発反対の意志をはっきり示している。
近年は地震が多い。一昨日も北海道で震度6の地震があった。熊本でも福島でも、茨城でも、地震が続く。日本列島のどこでも地震が起きるし、地震は予知できない。そして、火山の爆発も予知できないと専門家がいう。この地震と火山の国で原発再稼働はとても怖い。
ところが、熊本大地震があっても、九州の原発は稼動を続け、大阪地震でも、関西の原発は止まっていない。実に恐ろしいことだと思う。運が良ければ地震で原発が壊れないかもしれないが、運が悪ければ原発を直撃して、再び福島のようなメルトダウン過酷事故が起きるのだ。
選挙で選ばれた国会議員が、国民の意見を代表しているのか疑問だ。あの共産党や労働党の国、北朝鮮や中国にも選挙制度はある。しかし反対派が立候補できないために、選挙は形式でしかない。しかし、日本の選挙が正しいとも思えない。判断を惑わすような人当たりの良い宣伝文句とマスメディアの片寄った情報の数々で、世論操作も疑われる。しかも、小選挙区制度に変わってから『死票』が多い。中選挙区や大選挙区で、まとめれば生きてくる反対票も、小選挙区では全て死票。その上、投票率が低いので、国民全体の2割ほどの得票で自民党が6〜7割の議席を確保してしまった。これでは、国民の意見が反映されているとは思えない。少数意見の尊重というのは民主主義の大切な要因だが、実は多数の意見でさえ政治に反映されていないのが日本の現状だと思う。
その上で、与党に入っている『公明党』のこと。公明党の支援がなければ当選できない自民党議員は多いそうだ。公明党は、その支持者の投票率の高さで自民党議員を支えていると言われている。公明党は、結党以来、『平和の党』『福祉の党』を掲げているのに、近年は与党に変身し、安保法(戦争法)に賛成し、イージスショアやオスプレイ等の兵器購入を認め、自衛隊の海外派遣にも賛成している。弱い立場の人を守るといいながら、消費税アップを認め、既得権を離さない経団連や財界・利権団体のための法律(例えば、規制緩和を促す働き方改革法や民間に重要インフラを渡す水道法改正)に賛成する。弱肉強食の政策に加担していると言われても仕方がない。
公明党が野党だったときには、弱い立場の国民の声を聞く姿勢がはっきりしていたが、与党になってからは弱い立場の国民の声を聞く姿勢が無くなったのではないかと思う。そして、公明党の協力がなければ、安倍首相はとっくに政権を失っているはずだと思う。モリカケ問題が、嘘と改竄でトンでもない状況のままに放置されているのも、安倍首相と麻生財務大臣が平気な顔をして政権に居座っているのも、公明党が支持を止めないからではないかと思う。公明党には、結党の精神に立ち返り、『平和の党・福祉の党』として、安倍政権の嘘と改竄をこのまま放置してしまうことがないように、自民党を追求してもらいたい。それに、公明党の支持者の8〜9割は原発再稼働に反対だと思うので、安倍政権の「原発をベースロード電源にする」という時代遅れで、世界の潮流に逆らう『エネルギー基本計画』を作り直させて、再生エネルギーの普及と原発の廃止に努力してほしいと願っている。
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 15:27 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mukasanoriko.jugem.jp/trackback/594
トラックバック