PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
  • こどもに放射線が影響しないか心配しているお母さん方へ、6月8日(水曜日)に「集まり」があります。
    どこまでも限りなく (06/04)
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


mukasa
「人とみどりを守る」「市役所、おおそうじ」をキャッチコピーに活動している武笠紀子(むかさのりこ)です。
むかさ紀子的<ここがおかしい>をブログで綴ります。

  …人とみどりを守るためにこそ、税金を使って欲しい。
  …我が家の掃除は苦手。でも市役所のおおそうじは、わたしの使命なんだ
おそうじおばさん
<< 原発事故から6年目の3月11日(土)、東京電力への申し入れ書 | TOP | 3.11東電申し入れ書:その3:東日本大震災被災者支援西部ネットから >>
反原発自治体議員・市民連盟からの3・11、東京電力への申し入れ書
1489428425465.jpg
反原発自治体議員・市民連盟では、東京電力本店前抗議行動に、第一回から賛同団体として参加してきました。たびたび、申し入れ書・質問書を提出。ここ何回かは、東京電力から回答を受けています。

反原発自治体議員・市民連盟のHPおよびブログをご覧ください。
http://nonukesjapan.org/

そして、全国で力を合わせて原発を廃炉にするために反原発自治体議員・市民連盟への加入をお願いします。会費・カンパでの活動費のご支援をお願いします。議員と市民で会費がちがいます。年に数回、反原発ニュースをお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年3月11日

東京電力株式会社
社長 廣瀬直己 様

反原発自治体議員市民連盟
共同代表
相沢一正 佐藤英行 福士敬子 武笠紀子


福島第一原発事故の責任を果たし、全ての原発を直ちに廃炉にすることを求める。

福島第一原発事故から6年目の3・11を迎えて、あらためて東京電力に申し入れる。
福島第一原発事故は収束せず、放射能汚染水の流出も止められていない。その上、原発事故の原因究明も終わらず、廃炉の目処もたっていない。
一方、福島では補償金削減のため避難区域の解除が進められているが、前例のない年間20mSVの被ばく基準では、住民は帰りたくても帰れない。しかも、放射能除染物も、住居の近くに山積みに仮置きされたままである。
そして、放射能による健康被害が心配されている。福島県民健康調査により、子どもの甲状せんガンが次々と見つかっている。国と東電は、いまだ放射能との因果関係を認めていないが、関東の放射能汚染自治体でも、市民の健康不安の解消のため、子どもの甲状せんエコー検査を始めている。
地震と津波は天災だが、原発事故は明らかな人災である。原発事故さえなかったなら、故郷を遠く離れる必要はなかった。今も避難を続ける必要もないし、子どもたちの甲状せん検査の必要もない。 しかも、被害者には何らの責任もなく、全ての責任は、福島に原発を10機(第一に6機、第二に4機)も建設し運転してきた東京電力にある。
東京電力に、 放射能で汚染された福島および東北・関東の全ての自治体住民が、放射能の心配のない安全な暮らしができるよう確実な補償と賠償を求めるとともに、二度と福島のような悲劇を繰り返さないために、東京電力の持つ全ての原発17機(柏崎刈羽の7機を含む)を直ちに廃炉にし、核燃料(使用済みも使用途中も)の安全な保管と管理を始めるよう要求する。
posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 03:12 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mukasanoriko.jugem.jp/trackback/544
トラックバック