PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
  • こどもに放射線が影響しないか心配しているお母さん方へ、6月8日(水曜日)に「集まり」があります。
    どこまでも限りなく (06/04)
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


mukasa
「人とみどりを守る」「市役所、おおそうじ」をキャッチコピーに活動している武笠紀子(むかさのりこ)です。
むかさ紀子的<ここがおかしい>をブログで綴ります。

  …人とみどりを守るためにこそ、税金を使って欲しい。
  …我が家の掃除は苦手。でも市役所のおおそうじは、わたしの使命なんだ
おそうじおばさん
<< 原発ごみはどこへいく!地下に埋められない!オンカロも危ない! | TOP | 「1億総活躍社会」!稼ぐだけが人生ではない?景気下降はチャンス! >>
反原発歌い隊にありがとう!うらんちゃんもありがとう!再稼働反対!
1445010835595.jpg
今日も再稼働反対!官邸前抗議行動に参加してきました。168回目とか?私の参加も150回を越えたと思います。
財務省上交差点での抗議行動について、先週からの問題についての話し合いがまとまらなかったので、私とシュプレヒコール仲間は今までの場所をインフォメーション?に譲って交差点の向かい側の角での抗議行動としました。
3年半もの間、あの場所でシュプレヒコールを続けてきたので、なんで今ごろいろいろと言われるのか分からないと言ったら、ずっと我慢してきて我慢の限界にきたからだそうです。何か私たちが抗議行動を邪魔をしてきたみたいな言い方で、少しムッとしました。しかも、言ってもいない「反原連はいらない」という言葉を私が言ったというのです。なんでそんなことを言い張るのかわかりませんが、これは明らかないいががりです。
ともかく市民活動グループはダメなのだそうです。今までにない個人活動を追求しているのだそうです。私は仲間がいるから、毎週ここへ参加してます。反原連の抗議行動の一環を担っているのだと続けてきたのです。
いつも通り、シュプレヒコールを行っていたら、「反原発歌い隊」の皆さん が、久しぶりに来てくれました。スゴく嬉しかったです。「反原発歌い隊」の歌が、「シールズの行動に集まる若い人の気持ちを削ぐから」止めてほしいとの要請を受け入れて、8月からずっと来ていなかったからです。
今日は、反原発首都圏連合の原発再稼働反対!金曜夜の官邸前抗議行動のエリア外での抗議行動になっていたので、それに気がついた「歌い隊」の皆さんが、わざわざ信号を渡って来てくれたのです。
3年3ヶ月もの間、毎週歌いに来てくれていたので、本当に久しぶりに原発いらないの歌を、いっしょに歌いました。「当たり前の地球」「風車の歌」「安倍じゃダメでしょ」そして「座り込めここへ」ともう一曲を歌いました。来週もまた、いっしょに歌いたいと思います。
続けて、うらんちゃん作詞・作曲の「川内原発再稼働反対の歌」を山田さんが、「さよなら原発」を私が歌っていたら、うらんちゃん本人が来てくれました。
さっそく、本人の声で、正式の歌い方でこの2曲を歌ってくれました。うらんちゃんが歌うと本当にステキな歌です。

さよなら原発、お休みね。
ぐっすり眠っていいんだよ!
君がもう誰も傷つけ無い、未来を僕らは創るから。

さよなら原発、お休みね。
ぐっすり眠っていいんだよ!
君を操る人たちを僕らは許しはしないから。

さよなら原発、お休みね。
ぐっすり眠っていいんだよ!
夏も冬も雨に風にも、僕らは声をあげ続ける。
僕らは声をあげ続ける!

相変わらずの抗議行動ですが、参加人数もだいぶ減ってきました。でも、続けないわけにはいかないのです。この地震だらけ火山だらけの日本に、原発を54基も造らせてしまった責任の一端は、私たちの世代にあるからです。あの交差点の場所を誰が使うのか?くらいの話で抗議行動を止めてしまってはならないと思うのです。

posted by 武笠紀子(むかさのりこ) | 00:57 | - | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは。金官でのお声は何年も前から聞いております。先日たんぽぽ舎にてお話を伺いました。その後、Uちゃんからこのぺーじの紹介を頂きました。ご苦労なさったのですね。私も先日、反原連から9条タグカードの配布を止められました。納得のいかない事なので少しずつ調べてブログにまとめようとしています。外から見れば仲間割れ、みたいなことにならないように、すべての原発を止める力が一つになるように願いつつも、反原連の最近のやり方はおかしいです。当方のブログもお読み頂ければ幸いです。今後、このページへのリンクも考えております。ご承諾いただければと思います。今後とも宜しくお願いします。
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mukasanoriko.jugem.jp/trackback/418
トラックバック